その他の、いろいろな活動

立川国際芸術祭に「子どもとアート」で参加

●立川国際芸術祭'98
 『大きな木を描こう』 外国のアーティストと子どもたちの共同制作
実施:平成10年11月22日(日)
場所:柴崎中央公園(立川市柴崎町)
参加者:地元の小学生たち、カナダ人アーティスト、立川キッズ、ほか

●立川国際芸術祭'99-2002
 『立川・子どもとアートプロジェクト/立川駅西地下道壁画制作』
地元の子どもたちの共同制作による壁画制作が、99年から毎年続けられ、2002年8月に地下道の壁面のほぼ全体、約650平方メートル、たたみ約400帖に及ぶ壮大な壁画が完成しました。

●立川国際芸術祭2004
 
立川国際芸術祭2004 参加イベント「春わくわくテントWeek」
 あそびの教室『アートで変身!』 国営昭和記念公園立川口前にて実施


立川舞台芸術フェスティバルに協力参加
●古民家園にて『音のワークショップと箏と雅楽のコンサート』
 音のワークショップ、竹笛づくりと曲作りに協力し、スタッフがボランティア参加しました。
(同企画は立川キッズのスタッフの方が企画制作したものです。)
2002年9月21日、22日
立川市古民家園「小林家住宅」
指導・出演:ペーター・ガーン、油井康子、笹本武志(龍笛)、宮田まゆみ(笙)、田渕勝彦(篳篥)、ほか

プラッツでは、2003.9.28、2004.10.10、2005.9.18、と毎年この古民家園コンサートに協力しています。
古民家園コンサートについての詳細は、立川芸術文化情報局 のホームページをご覧ください。
    
  
竹で笛を作りました。作曲もして、みんなで演奏会をしました。
雅楽の一流の奏者の皆さんの、楽器のお話や演奏を目の前で楽しむことができました。
 
立川国際芸術祭2002にて「割りばしアートプロジェクト」を実施
●使った割りばしの再利用でアートをつくるプロジェクト
立川市内の子どもたちに呼びかけて、使った割りばしをすぐに捨てないで、集めてアートにしようという企画を実施しました。
たくさんの子どもたちや大人も一緒に参加して、びっくりするほど大量の割りばしでアート作品ができました。
  


  

立川駅東地下道壁画製作プロジェクト
●荒れていた古い地下道の壁と天井約700平米に、美大生ら120名のボランティアで大壁画を製作

 詳しくはこちら